セルフキャリアドック

セルフキャリアドック制度とは

セルフ・キャリアドックとは、企業がその人材育成ビジョン・方針に基づき、キャリアコンサルティング面談と多様なキャリア研修などを組み合わせて、体系・定期的に従業員の支援を実施し、従業員の主体的なキャリア形成を促進・支援する総合的な取組み、また、そのための企業内の「仕組み」のことです。

参照:厚生労働省ホームページ

現代のように変化が激しく先が見通せないVUCAの時代においては、企業としての人材活用目標と従業員一人ひとりのキャリア目標とを調整していくことで、企業の活力・生産性向上と従業員のキャリア充実を両立することにつながるものです。

従業員のキャリア形成における「気づき」を支援するため、従業員に対して、年齢、就業年数、役職等の節目において定期的にキャリアコンサルティングを受ける機会を企業が提供する仕組みがセルフ・キャリアドック制度です。

セルフキャリアドック導入の効果

それぞれの企業が抱える人材育成上の方針や直面している課題によって、導入の目的や実施形態が異なりますが、主に2つの効果が考えられます。

  • 労働者の仕事に対する主体性を向上させることができる
  • 新規採用者などの定着の支援や育児休業者などの復帰を円滑に行うことができる
  • (1)、(2)により、職場の生産性を向上させることができる

人材育成ビジョン・方針の策定とは

企業の経営理念を実現するために、従業員に期待する人材像とそのための人材育成方針を明らかにするものです。

実施計画の策定

人材育成ビジョン・方針に基づいてセルフ・キャリアドックをどのように進めていくのかについて、企業としての具体的な実施計画を策定します。実施計画に盛り込む項目は以下のようなものがあります。

変化が激しい時代だからこそ、従業員自らキャリアプランを考えていくにあたり、キャリア上の悩みの解消や課題の整理、経験の棚卸しや強みを確認する機会(キャリアコンサルティングの機会)を企業が定期的に提供することで、仕事の生産性アップやモチベーションアップ、定着支援につなげていくことができます。

①キャリア研修

集合研修により自身のキャリア開発に関するビジョン・目標の設定やアクションプラン策定を行えるよう、これまでの経験と保有する多様な能力の棚卸しやキャリア形成上の課題への気づきを促すことを目的に実施します。

②キャリアコンサルティング(面談)

従業員の属性とキャリア形成上の課題に応じて実施時期や頻度を設定します。

キャリアコンサルティング(セルフ・キャリアドック)の流れ

キャリアコンサルティング流れ

1.事前お打合せでは、セルフ・キャリアドック実施計画について導入の目的、対象者、キャリコン実施の時期や節目について丁寧にヒアリングしご相談させていただきます。

2.キャリアコンサルティング実施にあたり事前に実施日程のご相談を差し上げます。

3.キャリコンサルティングは、
 ・事業所様を直接訪問して実施
 ・Zoomによるオンラインで実施
をお選びいただくことができます。
プライバシーが確保できる場所をご用意ください。

4.キャリアコンサルティングは、ジョブカードを使用して仕事上の悩みやキャリアプランについてじっくりと傾聴させていただきます。
終了後にコメントおよび署名をいたします。

5.ご請求書を発行いたします。お振込をお願いします(振込手数料はご負担願います)

キャリアコンサルティング

コンサルティング風景

個人面談 (1人1回にあたり)

●面談時間 約60分

●面談料金 10,000円~(消費税別)
*1日あたりの実施人数により、御見積させていただきます。お問い合わせください。

●対応エリア 全国(大阪を拠点に全国対応いたします)

●交 通 費  実費ご負担お願いします(宿泊を伴う場合は、宿泊費のご負担もお願いします)

メールでお問い合わせ